感情とは、人が自然の方法で

もつ複数の感覚です。

感情は、神から命を受ける

ものではありません

感情が神の命の根源 はない

ことを知る必要があります。

私達は、人間の感情の力、

涙、または悲しみの顔等を

通して、人の救いを見出す

ことはできません。

何故なら、感情が持つどんな

現れも闇の中にある人間の霊を

わずかでも真似ることはでき

ないからです。

聖霊が人に命を与えるので

なければ人が命を持つことは

あり得ません。

私達が感情の代わりに

聖霊により頼み、聖霊の力を

用いるならば、私達の人生

実り多いものとなります。



・ガラテヤ人への手紙 5:22~24

御霊の実は、愛、喜び、平安、

寛容、親切、善意、誠実、

柔和、自制です。このような

ものを禁ずる律法はありません。

キリスト・イエスにつく者は、

自分の肉を、さまざまの情欲や

欲望とともに、十字架につけて

しまったのです。