ヘブル11:1

信仰は望んでいる事がらを保証し、

目に見えないものを確信させるものです。
road
画像の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます。



信仰は、信仰の創始者であり、完成者であるイエス様からきます。


信仰の領域と、現実の領域が異なる事を知らなければ、私達は、この違いのギャップに

どこの領域を信じたらいいのか混乱し目で見る事の容易い現実の領域で起こっている

事を信じることが正しいと、間違った判断をしてしまうことが、よくあります。


そのため、せっかく神様からの素晴らしいビジョンが与えられているにも関わらず

現実とビジョンがあまりにもギャップがあり過ぎるために、ビジョンを偽りとし、それを

握ることをしないで、手放してしまうのです。


私達の進む先の道がすべて見えて、わかっていたなら信仰は必要ありません。

しかし、神様は信仰のない事を喜ぶことができないと、聖書にあり、信仰は、目に

見えないものを、すでに見ているように確信させるものです。

信仰の世界は、現実の世界より先に進んでいます。

信仰の世界は、もうすでに先に事が起こっています。

ですから、信仰の世界は先に起こっている現実です。

私達は、神様のなさる偉大な事柄を体験するために見るためには、

必ず信仰がなくてはいけません。